大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2024

イベント・お知らせ

3年に1度の「大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ」が2024年7月からついに開催!
越後妻有の風土、食とともにアート作品を五感でお楽しみください。

大地の芸術祭とは?

世界最大級の国際芸術祭であり、日本中で開催されている地域芸術祭のパイオニア。アートを道しるべに里山を巡る新しい旅は、アートによる地域づくりの先進事例として、国内外から注目を集めています。

過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地、新潟県の越後妻有地域(=大地の芸術祭の里)が舞台であり、農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残っている地域で、1年を通して自然の中に作品を展示します。

トリエンナーレは2000年から3年に1度開催されており、2024年である今年は9回目の開催!2018年は約54万人の来場者数を記録し、経済効果や雇用・交流人口の拡大をもたらしています。

1年を通して、約200点の作品を楽しめるだけでなく、季節ごとに企画展やイベント、ツアーを開催しており、アート作品や旧小学校での食事や宿泊もできます。地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、その魅力を高め、世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指しています。

イベント詳細はこちらから:大地の芸術祭公式HP

開催概要
日程 2024年7月13日(土)~11月10日(日)全87日
※火・水定休
時間 10:00~17:00(10・11月は10:00~16:00)
場所 越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)760㎢
料金 ■作品鑑賞パスポート(前売)
一般3,500円、小中高1,000円
 
■作品鑑賞パスポート(会期中)
一般4,500円、小中高2,000円
※セット券、個別鑑賞券など施設ごとに異なります
恒久作品(人気作品)
新作おすすめ作品